【東京五輪】東京オリンピックで視覚的な暑さ対策を採用!完全にただのギャグで、来場者全滅の恐れが。。。

こんばんは!

昨晩は研修医時代からずっとお世話になっている先輩と久しぶりに食事をし、帰ったらすぐ寝てしまいました。

そして今日起きたのはなんと

14:30!!!

めちゃくちゃ寝ました(笑)

先週は普段より夜勤は少なかったんですけどね、なんやかんやで帰りが遅く、いろいろ寝てるようで寝れてなくて疲れていました。

おかげで今深夜を過ぎたというのに、全く眠くないです(笑)
気持ち的にはまだ夕方ぐらいです(笑)

こんな夜は自慢のアクアリウムを眺めながら、お酒を飲むのが最高です。

右の方はまだ立ち上げて間もないので、お見せできません

と、2つある水槽のうち、小さい方(左)を眺めていたらあることに気づきました、

「あれ?エビいなくない?」

アクアリウムをやっている人には常識ですが、エビはどんな水槽にもマッチする最強の生態であり、ただ見た目がかわいいだけでなく、水槽の掃除もしてくれる優れものです。

ですが水質に敏感で、温度やpH、水槽についてる化学物質などに真っ先にやられてしまうか弱い一面もあります。

値段も安いため、新しい水槽を立ち上げたら、高い生態を入れる前にエビを一匹だけ入れて昇天するかどうか観察することもします。ヒドイ・・・

レオは以前ホームセンターの安い水草を水槽に入れた時、その水草についていたであろう殺虫剤でエビが全滅したことがあるので、今はかなり慎重になっているのですが、、、

なぜか一匹もいません・・・

もう少し近づいてみると・・・

!!!

お星さまになっているエビが3匹いました・・・

本当はもっといっぱいいるので、まだどこかでひそかに生きているか、見えないところでお星さまになっているか。

最悪です・・・

状況から考えると、水温が上がりすぎてしまったのでしょう。

エビは5度ぐらいまでの低温には耐えられますが、28℃を超えるとヤバいです。

昨日帰ってきたとき水温は31℃でした。

当直などでさすがに24時間くらい家を空けるときはクーラーを切っていました。それがダメだったようですね。

かわいそうなことをしてしまった・・・

反省します。クーラーはつけっぱなしにします。


話は少し変わりますが、2020年東京オリンピックの暑さ対策がネット上で叩かれまくっています

それは

「視覚的に涼しいアサガオをつかおう!」

というものです。

その他に来場者に涼しい印象を与える風鈴を5万個ぶら下げます!(嘘)
その他に鳥肌立つ怪談話を話してくれる 稲川淳二を3万人配置します!(大嘘)

これは地元の小学生とかが植えたアサガオを使おうという素敵な企画なのですが、「暑さ」をやわらげることはないです(笑)

レオの水草が生い茂った涼しげな水槽のエビが全滅したように、どんなに「涼しげな見た目」でも実際に涼しくなければ意味はありません。

別にレオはこの企画に反対とかではないのですが、アサガオって基本朝しか咲かないので、昼以降はくるくるしてます。そんなんならゴーヤのカーテンの方が実際に日光を遮れるので、そっちのほうが良くない?と思ったりしてます。

涼し気ゼロ

前も言いましたが、熱中症対策の最強かつ唯一の方法は「涼しい環境にいる」ことです。

どんなに視覚や聴覚に訴えかけても、暑いもんは暑いんです。

お盆が終わりましたが、台風が過ぎました。

でもまだまだ暑いです。

皆さんはレオのエビたちみたいに暑さでお星さまにならないようにお気を付けてください。

明日もいっぱい寝れるのは、本当に幸せ!

To be continued