【医療費問題】救急車は無料のままでいいの?1日に来た軽傷の救急車だけで150万円越え!

こんばんは!

今週末は山の日とその振替休日で3連休でしたが、土曜日が24時間当直だったので実質1.5連休程度の感覚です。

昨日、今日と書く時間はたっぷりあったのですが、いろいろあって更新をサボりました。

レオはブログ以外にも英論文の翻訳やカバーレターの作成サービスをやっています。今週末はそれをポチポチやっていました。

今日の占いでさそり座「92%」で一番だったのに、特別何もいいことはなかったです。

(笑)

明日からまた頑張りますさ!


日本列島はお盆休み真っただ中!

LINEニュースでナガシマスパーランドという遊園地プールに、45,000人が入園したと書いてありましたが、写真をみるとヤバかったです。

見ろ!人がゴミのようだ!

マジで無理。

おえ・・・

ちなみに病院にもいっぱい人がきました!

11日の救急患者数は132人でした。

おとといの記事で150人は来ると予想したんですが、はずれましたね。

まだお盆初日なので、こっからが本番なんでしょう!

もう少し詳しくみてみると、、

132人のうち入院数は19人だったので、予想通りの2割未満ですね。

ちなみに入院した19人のうち、救急車で来たのが10人でしたので、残りの35台はなんだったのでしょうか?

いやぁ、大変だな。

研修医の皆さんお疲れさまでした。


前にも言ったように、救急車が出動するたびに平均45000円かかります。

35台×45,000円=

1,575,000円

当院だけでこの額です。

もちろん来院した45台の中身を確認していないので、実際は来院して治療をしたから元気に帰れた人も含まれていると思います。また、症状としては緊急性はあったが、入院には至らなかった例もあると思います。

でもね、それは多く見積もってもせいぜい全体の半分ぐらいでしょう。なので20台~30台は完全に無駄無駄。

市から県全体、国全体で考えたら、いったい一日いくらかかっているのか想像もつきません。

想像がつかないので総務省を調べてみると、平成30年は634万2,147件 でした。

レオはこういうしょうもない数字を調べるのがとても好きです。

これを単純に「かける45000円」すると

2853億6600万円!

顎関節脱臼です!救急車呼んで!

日本の医療費が40兆こえているので、それと比べたらハナクソ程度の金額ですが、その半分以上が無駄であると知ったらなかなか無視できない数字ですね。

そもそも日本は借金まみれなので、藁にも縋る勢いで節約をするべきなんですけど。

国を個人に例えると、もしあなたが今多額の借金を背負っていて、なんとか身内からお金を借りて生活している場合、タクシーになんか乗らないですよね?

国はあの手この手を使って少しでも医療費削減に力を入れるべきなのは言うまでもないことです。

そしてタダだからなんでもかんでも検査してくれ!なんでもかんでも救急車きてくれ!と叫ぶ民度の低い国民も国民です。

皆で仲良く医療費を圧迫していることに気づいてない。

ちなみに日本と同じく医療費がタダのカナダも、救急車代は取っています。

入院になったり、救急車乗る必要があったと判断された場合はその額が免除になる仕組みです。

台湾も確か同じ仕組みだったはず・・・

(ちなみに日本人が大好きな中国や韓国は普通に有料。アメリカはもちろん有料。)

日本もそうすればいいのにな・・なんでしないんだろ?

カナダ人のレオは日本ノ未来ガ心配デス。

To be continued