【日焼け対策】ほとんどの人が日焼け止めを正確にぬれていないことが判明 きれいにぬるのに必要な時間は?

こんばんは、もう夜です。

今日は当直明けで日本海までドライブしました。

今年初の海を満喫し、やっと家まで帰ってきました。疲れた・・・

けど楽しかった!

ビーチには水着のお姉さま方がいっぱいいて、とても素敵でした!

でもどちらかというとマッチョな男子を見て、レオも頑張らないと!と思いました(笑)

ここ最近筋トレをサボり気味なので・・・

明日はしっかり筋トレしよう!と思いました!


そんな感じで海で一日遊び、気づいたら肌が真っ赤かになっていました。

きちんとサンスクリーンをぬったつもりだったんですけど、それが足りなかったようです。

でも実は、多くの人がサンスクリーンをきちんとぬれていないことが2017年の研究で分かっています。

世の中にはいろんな研究がありますね。

Conventional sunscreen application does not lead to sufficient body coverage.
”従来のサンスクリーンのぬり方は、十分な面積をカバーできていない”

という、論文です。

まとめると:

  • 52人の健常者にサンスクリーンをいつも通り体にぬってもらった
  • サンスクリーンをぬる直前と直後の紫外線写真を解析した
  • 体の腹側(前面)で未塗布面積の割合は平均4.35%であり、背側(後面)で未塗布面積の割合は17.25%であった
  • 女性より男性の方が優位に未塗布面積が少なかった

とのことでした。

まぁ、当たり前っちゃ当たり前ですね(笑)

背面ってよく見えないし、体が硬かったら届かないし。

そして男性の方がぬるのが下手なのも納得。正直女性ほどスキンケアに時間をかけないので、適当にぬって終わる人がほとんどだと思います。

だからレオは真っ赤かになりました。

違う研究では、人は平均4分15秒かけてサンスクリーンをぬるようです。

なので単純計算すると、それより17%~20%の時間をつかって背面もぬれば、割とカバーできるのかなと思います。

完全に適当な仮説ですが、5分かけて念入りにサンスクリーンを塗布したら、全身カバーできる!と言えるのではないでしょうか?!

そして届かない背面は誰かに頼むのが一番いいと思います!

皆さんも海に行くとき、サンスクリーンは前も後ろも念入りにぬってくださいね!

5分間ですよ!(笑)ぜひTRYしてください!

何度も言いますが、熱中症には気を付けて!

To be continued

疲れたけど訳したよ!

Abstract
OBJECTIVE: This study aimed to assess sunscreen application habits and relative body coverage after single whole body application.
METHODS: Fifty-two healthy volunteers were asked to use the test product once, following their usual sunscreen application routine. Standardized UV photographs, which were evaluated by Image Analysis, were conducted before and immediately after product application to evaluate relative body coverage. In addition to these procedures, the volunteers completed an online self-assessment questionnaire to assess sunscreen usage habits.
RESULTS: After product application, the front side showed significantly less non-covered skin (4.35%) than the backside (17.27%) (P = 0.0000). Females showed overall significantly less non-covered skin (8.98%) than males (13.16%) (P = 0.0381). On the backside, females showed significantly less non-covered skin (13.57%) (P = 0.0045) than males (21.94%), while on the front side, this difference between females (4.14%) and males (4.53%) was not significant.
CONCLUSION: In most cases, the usual sunscreen application routine does not provide complete body coverage even though an extra light sunscreen with good absorption properties was used. On average, 11% of the body surface was not covered by sunscreen at all. Therefore, appropriate consumer education is required to improve sunscreen application and to warrant effective sun protection.
概要
目的:この研究の目的はサンスクリーン塗布の癖や塗布面積を評価することである。
方法:52人の健常者のボランティアに、サンスクリーンをいつもの方法で全身に塗布するよう指示した。紫外線写真を撮影し、イメージ解析を塗布の前後で行った。これらのほかに、ボランティアはサンスクリーン塗布の癖に関してオンラインアンケートを入力した。
結果:塗布後の面積は後面(17.25%)の方が前面(4.35%)より有意に少ないことが判明した。女性の方が男性と比較して有意に未塗布面積が少なかった。後面では女性の方が男性と比較して有意に未塗布面積が少なかったが、前面では男女差はみられなかった。
結論:多くのケースでは通常通りのサンスクリーン塗布は不十分であることが判明した。平均して体表の11%は未塗布であった。よって、消費者へのより詳しい塗布方法の学習が、正しいサンスクリーン使用に不可欠と考える。

Int J Cosmet Sci. 2017 Oct;39(5):550-555